ポプラの木の近くにある橋で、休戦後、両側の捕虜がこの端を渡って送還されるとき北か南か帰る国を選択し、この橋をどちらかに渡りきったら二度と戻れなかったことからこの名がつきました。

映画「JSA」の中でも大事な場面として出てきますね。

この板門店は、HPで動画もUPしていますのでご覧下さい♪